ゲーム世代をターゲットにしたコマーシャル戦略

この冬、トヨタのアクアのCMを観てわくわくした30代、40代ってけっこう多い気がします。それもそのはず、子供のころに一世を風靡した
ドラゴンクエストの音楽ですもんね。そして、あの映像もそれとなく意識されているように思います。

実際、スマホでファイナルファンタジーやら何やらリバイバル的に流行っていますし、カバヤさんの新商品は「回復の呪文」です。PS4ももう子供より大人を狙っています。通信機能なんて、確実に親ならいらないと思いますが、大人にとって自分が遊ぶならば大歓迎。しかも、今の30代、40代は意外と独身も多く、結婚していてもお金に余裕がある人がけっこう多い気がします。

昔みたいに、全身ブランドや、改造車の方も減りましたし、エコカーでユニクロやZARAを着てエコに生活していますし。ゲーム世代向けの商品やCMが多くなってきたように思いますし、たぶん、ターゲットとして適格ではないかと思います。

同じ世代でも子育て真っ最中より独身、子供なし層のほうがお金もありますし。つい、色々買っちゃいますしね。

コメントは受け付けていません。